トップページ > 登録画面の利用方法 > GPS連動について

GPS連動について

GPS連動とは

コンテンツ登録時にマーカーが認識される範囲をGPSシステムにて設定することができるようになりました。
本設定を行うと、設定した領域内でのみ該当コンテンツが閲覧できるようになります。

GPS連動の設定方法

 管理画面にログインしていただき、

「新規登録」より「GPS連動」内の下記情報を設定いたします

  gps_map_information


1 連動設定
  マーカーをGPS連動させる場合、ONを選択してください。
  OFFの場合、従来通りの公開方法になります。

2 認識範囲
  マーカーの認識範囲を設定します。
  認識範囲の設定方法に関する詳細は、下記の「認識範囲の設定方法」をご確認ください。

3 有効範囲外の場合に表示するメッセージ
  ユーザーが認識範囲外からマーカーをかざした際に表示される案内メッセージを設定します。
  何も入力しない場合は弊社がご用意した既定の案内メッセージが表示されます。
  設定方法の詳細は「有効範囲外の場合に表示するメッセージの設定方法」をご確認ください。

認識範囲の設定方法

GPS連動をONに設定後、マーカーが認識可能となる範囲を指定する必要がございます。
下記、設定方法の詳細になります。

1 マーカーが認識可能になる範囲の中心点を指定

■住所を直接入力する
gps_address

■地図上で範囲を直接指定する
direct_adress
エリア指定したい箇所でクリックを押すと、マーカーエリアの中心点を指定することが可能です。


2 認識範囲の指定。

指定可能な範囲は(半径)50m~250kmまで可能です。
(m単位は50m~999mまで記入可能。km単位は1km~250kmまで記入可能。)
gps_area


※下記の様な入力方法の場合、登録ができません※

①数字以外の文字を入力した場合、エラーが発生します。

error_japanese

②0以下の数字を入力した場合、エラーが発生します。
error_min

③指定可能な範囲外を入力した場合、エラーが発生します。
error_noarea

gps_error

有効範囲外の場合に表示するメッセージ

GPSの有効範囲外でマーカーをかざした時に表示されるメッセージ内容を編集することができます。
表示させたい内容を「有効範囲外の場合に表示するメッセージ」欄に記入してください。
gps_message

※メッセージ内にURLを入力する場合、リンクさせたいURLの前後に「␣(スペース)」をご入力ください。
url_space

有効範囲外でマーカーをかざすと、記入した内容が表示されます。
app_gps_message


■メッセージを何も入力しない場合■
既定のメッセージが表示されます。

no_message