トップページ > データベースのGPS自動接続について
 

データベースのGPS自動接続について

COCOAR8.2.0よりアプリインストール時のデータベース接続の仕組みが変わりました。
COCOAR8.4.0より中国データベースが削除されました。(追記:2018/2/5)

データベースの仕組みについて

目的のARコンテンツを閲覧するためには、アプリのデータベース接続先を正しく接続する必要があります。

データベースのしくみ

アプリ内のデータベースが"日本"になっている場合、日本環境のデータベースに登録されている
コンテンツの情報にアクセスします。
基本的に日本でご契約されたお客様のコンテンツは全て日本データベースに登録されます。

※台湾など海外のデータベースにコンテンツを登録するためには、
別途海外用のライセンス契約が必要になります。

仕様変更点

バージョン8.2.0以降における変更点は下記の通りです。

旧仕様

アプリインストール時のデータベースの初期設定は、端末の言語設定を元に
自動で接続先が設定されていました。

旧データベース仕様
※バージョン8.4.0以降のCOCOAR2アプリでは"中国"が非表示になります。

新仕様

アプリインストール時のデータベースの初期設定は、端末のGPS情報を元に
自動で接続先が設定されるようになりました。

日本でインストール※端末の位置情報が日本の場合

日本初期設定

台湾でインストール※端末の位置情報が台湾の場合

台湾初期設定

※位置情報が台湾以外の場合は全て"日本"が初期設定になります。
※バージョン8.4.0へアップデート時にデータベースが"中国"に設定されている端末は、
 自動的に"日本"に設定されます。


GPSをOFFにしている場合

端末のGPSをOFFにしている場合、位置情報の取得ができないため、
アプリ起動時に手動でデータベースを選択します。
GPS無しの場合