トップページ > パンダマークの利用について
 

COCOAR利用に関する重要なお知らせ

 

マーカー内のパンダマーク利用に関する注意点

COCOARではマーカースキャン時の誤認識を防ぐため、システムに登録するマーカーデータの中にパンダマークの使用を禁止しております。
下記をお読みいただいた上で、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

対象のパンダマークロゴ例

  • COCOAR2パンダアイコン
  • COCOAR2アイコン2
  • COCOAR2QRコード
  • COCOAR2バナー
※スターティアラボ商標使用ガイドライン_4.一般的禁止行為の(2)COCOARロゴの禁止事項
https://www.startialab.co.jp/legal.html

 

マーカー内にパンダマークを利用することによる問題点

パンダマークを含むマーカーが複数ある場合、スマホをかざした際にパンダマークの部分が認識されてしまい、本来表示させたいコンテンツが正常に表示されない恐れがあります。

 

パンダマークがマーカー内に含まれていない場合

マーカー内にパンダマークが無いため、システムに登録したコンテンツがそのまま表示されます。

正常スキャン

 

パンダマークがマーカー内に含まれている場合

スキャン時にパンダマークが認識されてしまい、別のマーカーをスキャンしたとシステムが判断する恐れがあります。
結果として設定した通りにコンテンツが再生されない誤認識が発生します。

誤認識

本来「マーカーA」をかざすと「コンテンツA」が表示される挙動が正常ですが、上記ケースではマーカー内にあるパンダマークを認識してしまい無関係の「コンテンツB」が表示されています。

 

マーカー登録時の対応について

誤認識の原因は、システムに登録するマーカーデータ内にパンダマークが含まれていることです。
そのため、マーカーデータ内からパンダマークを省く、あるいは塗りつぶすことで誤認識を回避することができます。
マーカーデータの登録の際には、パンダマークをデータ内から非表示にした後に登録をお願いいたします。

 

対応策

  1. パンダマークを削除
    パンダマークを省いた状態で登録します。

    パンダマークの削除
  2. パンダマークを塗りつぶす
    パンダマークの部分のみ塗りつぶしてパンダマークを認識しないようにします。

    パンダマークの塗りつぶし
    注意QRコードを塗りつぶす際の注意点
    QRコード内にある中央のパンダマークを塗りつぶすだけでは誤認識を解消できない可能性がございますので、QRコード全体を塗りつぶすよう修正をお願いいたします。

    QRの塗りつぶし

 

留意事項

ポスターやチラシ等の印刷媒体内にパンダマークを利用することは問題ありません。
あくまで、システムに登録するマーカーデータ内にパンダマークが含まれないようご対応をお願いいたします。

印刷物のパンダマーク利用