トップページ > 登録画面の利用方法 > クロマキー処理について

COCOAR2の動画のクロマキー処理について

クロマキー処理が利用可能なアプリ

COCOAR2アプリのみクロマキー処理に対応しています。
COCOARアプリでは再生できませんのでご注意下さい。

COCOARとCOCOAR2の3D対応状況イラスト  

COCOAR2 … クロマキー処理が可能です。

COCOAR … クロマキー処理は出来ません。

クロマキー処理とは?

グリーンバックなどで撮影された動画や、アニメーションをCOCOAR2で表示する際、特定の色(緑色)だけを取り除き、透過させます。印刷物と動画を組み合わせたような表現が可能になります。

 

グリーンバックRGB値(0,255,0)作成された動画   グリーンバックが取り除かれた
トラッキング動画として表示可能
 
クロマキー処理前の画像 グリーンバックRGB(0,255,0)で作成 クロマキー処理済みの動作のイメージ写真 サッカー選手が印刷物の上に表示されている

その他の注意

①クロマキー処理の精度によって若干境界線に緑の要素が残る場合があります。 アプリ上では境界線のアルファチャンネル調整機能や色調補正機能はございませんので動画編集ソフトなどで調整した素材をご利用下さい。

 

②COCOAR2のクロマキー処理では特定の色(緑色)以外の要素は取り除かれません。 グリーンバックなどで撮影した実写素材をご利用になる場合、一旦動画編集ソフトでクロマキー処理を行い、下の図のように再度RGB(0,255,0)の背景レイヤーを敷いて書きだした素材をご利用下さい。
※緑色の度合いにより、うまく透過しない事があるため。

1.グリーンバックで撮影   2.動画編集ソフトでクロマキー処理  

3.RGB(0,255,0)真緑の
背景レイヤーとともに書き出し

クロマキー処理前の画像 グリーンバックRGB(0,255,0)で作成   クロマキー処理済みの動作のイメージ写真 サッカー選手が印刷物の上に表示されている   クロマキー処理済みの動作のイメージ写真 サッカー選手が印刷物の上に表示されている

 

#クロマキー動画 #クロマキー処理 #透過処理 #透過動画 #作り方 #グリーンバック #ブルーバック
#透明 #背景透過 #背景無し #背景なし