トップページ > 登録画面の利用方法 > 3Dコンテンツについて > 3Dアニメーションについて

3Dアニメーションについて

COCOAR8.4.0では新たにCOCOARの3Dアニメーションに対応をいたしました。
事前に作成した3DデータをUnityを利用してCOCOAR登録用のデータに変換することで、
表現豊かな3Dの再生が可能になります。

■デモ動画

登録用データの注意点

COCOARに登録するためのデータは下記条件をもとに作成する必要がございます。

注意点 条件
ファイル名 半角英数字と「~ @ _  - =」の5つの符号のみ
アップロードデータの拡張子 .zip
アップロードデータ内の形式 『iOS』と『android』フォルダ
※フォルダ名は上記指定
『iOS』『Android』フォルダ内の構造 下記4点のデータをそれぞれのフォルダ内に格納する。
Assetbundleファイル
Assetbundleのmetaデータ
manifestファイル
manifestファイルのmetaデータ

登録用データの設定方法

ここでは弊社が用意する『COCOAR2-AssetBundle.unitypackage』を利用した場合の、
COCOAR登録用データの設定方法をご案内します。

Unityソフトが未インストールの場合、事前に公式サイトよりソフトのインストールをお願いいたします。
Unityダウンロードページはこちら (外部サイトに遷移します)

※Unityバージョンは『Unity5.6.x』系のものをご利用ください。
バージョンによっては正常に利用できないものがございます。


■COCOAR用パッケージファイルのダウンロード■
ダウンロード
(COCOAR2-AssetBundle.unitypackage)

1. パッケージファイルの起動

『COCOAR2-AssetBundle.unitypackage』を起動し、すべてのデータをインポートします。

インポート


2. Archive Asset Bundleのシーンファイルを開きます。

プロジェクトウィンドウの Assets 内にある『Archive Asset Bundle』を開きます。

シーンを開く

シーンを開くと COCOAR Marker とデザインされたオブジェクトが表示されます。


3. モデルのインポート

事前に作成済みの3Dモデルを Assets 内にインポートします。

モデルインポート

注意 オブジェクトの向きについて
COCOARスキャン後に表示されるオブジェクトの向きは、
COCOAR2 Makerと表示された四角形を正面にして表示されます。
きれいにオブジェクトを表示させるためには Gameビュー の表示を確認のうえで、
オブジェクトの向きを調整してください。

■きれいに表示されない例
(左:Sceneビュー 右:Gameビュー)
悪い向き
Sceneビュー上ではオブジェクトが正面を向いていますが、
Gameビュー上では頭頂部を向いているため、
COCOAR2で再生させる時も頭頂部が表示されます。

※頭頂部が正面を向いている場合、スマホカメラの角度を調整すると3Dオブジェクトを
立たせたような形で表示させることが可能です。
(マーカーにトラッキング状態(貼り付いた状態)の時に限ります。)


■きれいに表示される例
(左:Sceneビュー 右:Gameビュー)
きれいに表示
Gameビュー上でオブジェクトが正面を向いているため、
COCOAR2で再生させる時も正面からきれいに表示できます。
オブジェクトの向きは COCOAR2 Maker の四角形を基準に調整することを推奨します。


4. インポートしたモデルの子階層化

インポートした3Dモデルをヒエラルキーウィンドウ内の『ARO』オブジェクトにドラッグ&ドロップし、
『ARO』オブジェクトの子階層に配置します。

階層構造


5. Prefabの作成

作成したモデルをプロジェクトウィンドウの Assets > prefab 内にある
『aro.prefab』にドラッグ&ドロップします。

Prefabの作成


6. AssetBundleのビルド

『aro.prefab』を選択し、メニュー内の COCOAR2 > AssetBundle> BuildSelected を
選択します。

アセットバンドルのビルド

ビルドが完了すると Asset > AssetsBundle 内に『iOS』と『Android』フォルダが作成されます。


7. COCOAR用データの圧縮

プロジェクトウィンドウ内で右クリックを押し『Show in Explorer』を選択します。

Show in Exeplorer

Assets > AssetBundle 内にある『iOS』と『Android』フォルダを両方選択し、
Zip圧縮します。

フォルダの圧縮

※MacOSのPCでお使いいただく場合は、
「MacZip4Win」などの Windowsと互換性のあるzipソフトをお使いください。


8. 3Dデータのアップロード

圧縮したZipデータをCOCOARに登録します。
種別は『3Dオブジェクト』を選択し、赤枠内にZipデータをアップロードしてください。

3Dアップロード

※圧縮ソフトによってはデータの一部が欠損し正常にデータのアップロードができないケースがございます。
 Windowsをご利用の場合はフリーソフト「CubeICE」「7ZIP」等を利用することで安定して
 アップロードできることを確認しております。

アップロード後、マーカーをスキャンしコンテンツをご確認ください。